thomann S-150mk2修理

thomann S-150mk2修理です。
この製品は中国製、使われているSPリレーはヤバイGOODSKY社なので、不運ならば5-6年で接点不良の可能性がありそう・・・。
いつも思うんですが、どんなに高級なケーブル使っても、ほんの小さな接点リレーを音が通過している事実・・それも音響向けリレーではない、普通の中華制御リレーだったりする商品がコレだったりします。絶賛しているSHOPさんありますけどね・・・。
まあそれでも音が良ければ良いけど・・。

P1010446.jpg

基板を開けるのがちょと面倒だけど、ヒートシンク含めた全体を外してひっくり返した方が楽に交換できます。
P1010443.jpg

国産リレーに変えたら非常に明瞭に聞こえるようになったのは、既に接点不良になっていた音を聞いていたのかもしれませんけどね。D-45超えなんて判る耳をお持ちの方なら、S-150mk2のリレー交換は必須レベルと思われ・・(俺は手間考えたらそのままで良いですけどね、でも変わるよーー)。

----追加-----
良い音で聞いていたつもりでしたが、突然無音入力時に、バスバスバス!っと大きなノイズが。何か発信?している感じ。

リレー交換の時に気になっていたけど、やっぱりハンダ不良がありそうな予感・・・
P1010485.jpg

いやあ酷いでしょ(笑)、こんな感じのハンダです。あと基板に細かいハンダの玉が付着しております、これが基板上の部品足の間に着いたら、そりゃ動作不良っぽくなりますよね・・・
再度ハンダごてでアチコチを再度ハンダ処理。そしてハンダのごみも清掃。
見事にノイズは無くなりましたが、不安感はぬぐえないレベルの商品ですな・・・





comment

Secret

No title

はじめまして。
先日S-150mk2を注文して、次の休みにセッティングの予定でしたのですが、色々な意味で非常に参考になりました。

某サイトでは否定的なコメントは掲載されないし、製品の当たりはずれはあると思ってましたが、耐久性に難ありというのはショッキングな事実ですね…

No title

最初、左右の音の違いが出始めて気が付きます。
これが方チャンネルの音が出ないとかだとハッキリ分かるんですが、なんとなく周波数特性?の差っぽく違いが出て、スピーカーのユニット異常かと思って、左右入れ替えてみたらアンプで、あれこれ原因を探す事になりました。

リレー不良はどんな製品でも宿命みたいな感じでしょうけどね。でもたぶんリレー不良を見るために基板ひっくり返したりすると、ハンダ不良が顕著に出たり、ハンダのゴミが部品間ショートを引き起こしたりする原因になったり・・もありそうですね。
安いから文句は言えないですけどね。

はじめまして。

いつもブログを楽しく拝見しております。

初めてコメントさせていただきます。

実は私もトマンS75を所有しているのですが、電源が入らなくなってしまい困っております。電気系の事には疎く自分で修理がかないません・・・

ブログで書かれていることを鵜呑みにして申し訳ないのですが
修理していただくことはできないでしょうか?

もちろんお礼は致します。

お忙しい中恐縮ではございますが、もしよければメールください。



プロフィール

チャーリー@ニセコ旅物語

Author:チャーリー@ニセコ旅物語
こんにちは、ニセコ旅物語の宿主ブログでございます。
当宿のHPはこちらです。
ニセコにお越しになられるなら、是非当宿をご利用くださいませ!
安価ですが十分満足される内容と思っています!
激安では無いですがコストパフォーマンスは最高です!
とりあえず泊ってみてくださいませ。お待ちしています。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


presented by 地球の名言
訪問者2008/11/04
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード